気になる相手との相性を九星気学で調べよう

簡単に覚えられる九星気学

自分の生まれた年と月、そして相手の生まれた年と月が分かれば、簡単に相性が占えるのが九星気学です。

九星気学で用いられる9つの本命星

  • 一白水星
  • 二黒土星
  • 三碧水性
  • 四緑木星
  • 五黄土星
  • 六白金星
  • 七赤金星
  • 八白土星
  • 九紫火星

気になる相手との相性を九星気学で調べよう

ろうそく

月命星と日命星の意味

九星気学は年齢によって、その大本になる星の呼び方が変わるとされています。それは運気が私たちの中を循環し、運勢や相性が絶えることなく変わっていることを表しているためです。生まれてから7歳までを「日命星」、8歳から18歳を「月命星」、そして18歳以降から「本命星」と呼び、運勢や相性をその運気に従って占っていきます。

知っておくと得する凶殺方位

九星気学の中には運勢や相性に悪影響を及ぼすとされる「凶殺」と呼ばれる吉凶があります。その凶殺の力が大きい方位を「凶殺方位」と呼び、旅行や買物、気になる相手とのデートなどで行動する時に、必ず悪い結果を招く方位とされています。しかし、この方位で一番怖いのは、その効果がすぐに訪れないということです。そのため、九星気学を学び、運気が下がる方角などを理解することで、その方角に向かわないように心がけましょう。

九星気学で相性占いをする時の手順方法

まずは自分の「星」を確認する

自分の生まれた年と月を使って自分の「星」を知る必要があります。

相性を知りたい相手の「星」を確認する

自分の「星」が分かったら、相手の「星」を確認しましょう。そうする事で、必要な情報が揃います。

2人の「星」の相性を確認する

自分と相手の「星」が分かったら、その「星」を使って相性を占います。

広告募集中